内藤唐辛子プロジェクト

二回目の報告です。
 
プロジェクトは、内藤唐辛子を口火に
回り始めました。
 
6月28日
八王子石川町にある農家で内藤唐辛子の
500株を育成していただきました。
それを新宿区の調理師学校の生徒さん、
プロジェクトのメンバー多数が集まって
収穫と葉落とし(一次処理)を行い、
更に塩ふりして袋詰めをする(二次加工)
までを一日がかりで行いました。
 
一次処理の段階では、車4台でも収まらない
量の唐辛子の葉が、塩漬けすると車一台に
収まってしましました。
すごいな、青菜に塩とはこのことか。
使い方違うけど(--;
 
二次処理されたこの葉唐辛子は、この後
佃煮などの商品化の試作品作りに回されます。
新宿の高田馬場福祉作業所にて専門調理技能士
を招いて試作品作りにはいります。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です